JCK作文コーパスとは

 JCK作文コーパスは、日本語母語話者、中国語母語話者、韓国語母語話者に よる日本語作文を収録しています。Jは日本語(Japanese)、Cは中国語(Chinese)、Kは韓国語(Korean)を表しています。
 本コーパスには、説明文(自分の故郷について)、意見文(晩婚化の原因とその展望について)、歴史文(自分の趣味(昔から続けていること)について)、という3つのタイプの作文があります。それぞれの作文は、2000字という比較的長いものです。

作文の詳細

執筆者
  • 日本在住の日本人大学生(日本語母語話者)
  • JLPTのN1合格者および合格相当の力を持っていることが確認された、中国在住の中国人大学生(中国語母語話者)と、韓国在住の韓国人大学生(韓国語母語話者)
執筆期間
  • 日本人大学生:2013年12月~2014年1月、中国人大学生:2013年12月~2014年2月、韓国人大学生:2014年3月。
作文の課題の種類
  • 説明文:客観的な主張であって、主観的にならないように書く。
  • 意見文:説明ではなく、根拠とともに自分の主張を書く。
  • 歴史文:時間軸に沿って、ある出来事や経緯を書く。

作文の内訳
説明文
自分の故郷について
(2000字)
意見文
晩婚化の原因とその展望について
(2000字)
歴史文
自分の趣味(昔から続けていること)について
(2000字)
合計
日本語母語話者 20本 20本 20本 60本
中国語母語話者 20本 20本 20本 60本
韓国語母語話者 20本 20本 20本 60本
180本

検索ページで使える機能

JCKコーパスでは、検索を便利にするために、次の3つの機能を備えています。詳細については、「ヘルプ」を参照してください。



    【制作者】

  1. 新城直樹(琉球大学)、
  2. 庵功雄(一橋大学)、
  3. 石黒圭(国語研究所)、
  4. 金井勇人(埼玉大学)、
  5. 末繁美和(岡山大学)、
  6. 俵山雄司(名古屋大学)

    • JCK作文コーパスは、科学研究費補助金「テキストの結束性を重視した母語別作文コーパスの作成と分析」(2013年度~2015年度、基盤研究(C)、研究課題番号:25370577、研究代表者:金井勇人)の助成を受けて制作されました。
    • また、JCK作文コーパスの制作にあたっては、以下の方々に、ご協力いただきました。
       岩崎拓也(一橋大学)、高恩淑(一橋大学)、黄明侠(ハルビン師範大学)、劉洋(黒竜江大学)